院内保育と一般の保育園の違いとは?

子ども達が安心できる居場所としての役割を持つ保育園。それは、一般の保育園も病院内に併設された院内保育も同じです。しかし、病院で働く医師や看護師の子どもを対象とした院内保育は、様々な点で一般の保育園とは違いがあります。その違いがあるからこそ、病院で働く職員は子どもを院内保育に預けて仕事をすることができるのですよね。違いを知っておくことは、働く保育士にとっても重要です。認可保育園での保育経験しかないけれど、院内保育で働いてみたい。そんな時に事前に違いを把握しておくことで、スムーズに混乱することなく仕事に慣れることができますよ。一般の保育園の中にも認可保育園と認可外保育園がありますが、今回は1番ポピュラーな認可保育園にポイントをしぼり、院内保育と一般の認可保育園との違いを詳しく見ていきましょう。

利用者の違い

院内保育と一般の保育園の1番の違いは、利用者の違いです。院内保育は基本的に、病院で働く医師や看護師が安心して働くために子どもを預ける場所です。企業が働く従業員のために設置する「事業所内保育施設」の1種ですね。
そのため、少人数保育の場合がほとんどです。ただ、中には地域の子どもを一定数受け入れる「地域枠」を設けている病院も。その場合は大規模保育施設となることもあります。

一般の認可保育園は、保護者が共働きなど様々な理由で、子どもの保育ができない時間帯がある場合に、子どもを預かり保育をする場所です。保護者がどの職種に就いていても、子どもが「保育に欠ける」状態であれば利用することができます。
ただ、共働き家庭が増える中で、保育園に入りたくても入れない待機児童が多いという問題も。
病院で働く職員は子どもを認可保育園に入れることができずに、院内保育を利用するという場合もあります。

保育時間の違い

病院に入院施設がある場合、医師や看護師は夜勤もこなします。そのため、院内保育も24時間開園する必要があるのです。働く保育士はシフト勤務で日勤と夜勤をこなします。院内保育を設置している病院は、入院施設を完備した大きい病院が多いので24時間保育を行っている施設は多くなるのです。
また利用者の勤務日に合わせて、日曜祝日に開園する施設も。保育士はシフト勤務で 日曜祝日出勤もこなします。

認可保育園は、夜間保育は実施しません。開園時間は各園によって違いますが、7:00から19:00。長くても20:00までの園が多いようです。保育士はその開園時間の中で、シフト勤務をします。土曜日は開園していますが日曜祝日は基本的には休みです。

仕事内容の違い

院内保育も一般の認可保育園も、子どもを預かり安全な環境の中で保育をする、という部分に違いはありません。しかし、細かい保育内容には違いがあります。

例えばクラス編成。認可保育園は、保育方針として縦割り保育を実施している園もありますが、基本的には学年ごとにクラス編成がありクラスごとの保育です。
一方、院内保育は少人数で、利用時間が子どもによって違いますので、異年齢児合同で過ごすことが多くなります。時間によって年齢別の設定保育を取り入れるなどの工夫はしますが、クラスとしての活動というよりは、子ども達の第2の家のようなアットホームな雰囲気の施設が多いのですよね。

園内行事にも違いがあります。多くの認可保育園では、入園式や夏祭り、運動会や卒園式といった、季節の行事や子どもの成長に伴う行事を取り入れています。園庭や近隣の小学校を借りて盛大に行うという場合もありますね。
院内保育でも行事を取り入れている施設はあります。しかし、利用時間が子どもによって違うので練習時間が確保できないことや、途中入園、途中退園の子どもも多いので、認可保育園と比べて小規模な行事となることが多いのです。

一般の認可保育園は子どもがゆったりと過ごせる環境作りと共に、設定保育や行事など保育士が設定する活動内容が多くあります。院内保育は、夜間や長時間利用する子どももいますので、子どもがゆったりと安心して過ごせる環境作りが何より大切です。

同じように子どもが安心できる環境を作り成長を傍で見守る、院内保育の保育士と認可保育園の保育士。どちらも子どもの成長に関わる大切な仕事です。利用者や利用時間の違いは、そのまま保育内容や保育士の勤務体制に関係します。それぞれの特徴を把握し、自分がどんな保育をしたいのか、どんな生活スタイルを望むのかを考慮して、納得できる職場選びに活かしてくださいね。