面接対策~保育士の志望動機「子どもが好き」以外の“好き”を伝えるには?

保育士を目指して求人を探し、いざ就職面接へ。面接では保育士を志した理由やその保育園で働きたい理由などの「志望動機」が聞かれます。では、志望動機には何と答えれば良いのでしょうか?多くの人は「子どもが好きだから保育士を志した」と答えるかと思います。しかし、それでは他の志望者と同じ志望動機になってしまうことに…。他の志望者よりも一歩リードするためには、プラスアルファの志望動機を考えたいところですよね。「子どもが好き」以外の保育士の仕事に感じる魅力、「好き」を面接官に伝える方法をご紹介します。

自分の経験を組み込んだ、保育士の魅力を伝える

自分の経験を志望動機に組み込むことで真実味が生まれます。具体例を見ていきましょう。

具体例1

  • 私が子どもの頃に通っていた保育園の先生の優しさに憧れて、自分も子ども達を優しく見守ることができる保育士になりたいと考え保育士の道を志しました。
  • 学生時代に保育園でボランティアをしたことがあり、子ども達に寄り添った保育をしている保育士の姿を見て、私もこんな保育士になりたいと思いました。
  • 子どもの頃は両親が忙しく保育園で過ごす時間が長かったのですが、先生達がいつも明るく接してくれたので寂しさを感じることはありませんでした。私も子ども達を笑顔にできる保育士を目指しています。

大切なのは、実際に自分が経験したことや感じたことを伝えるということです。実際に経験していないことを話してしまうと具体的に尋ねられた時に戸惑ってしまい、印象が良くありませんので、注意しましょう。

学んできたことを通して「好き」を伝える

新卒者の場合は学生時代に学んだことを、異業種からの転職者の場合には保育士資格取得のための勉強の中で学んだことを、子育て経験者の場合には子育てをする中で学んだことを通して「好き」を伝える方法もあります。

具体例2

  • 「子どもが好き」という理由で保育士を志望しましたが、学生時代の保育実習を通して保育士の大変さも感じました。しかしそれ以上に、子どもの成長を近くで感じることができることの喜びも知りました。私も、保育士として子どもの成長に寄り添い一緒に喜びあえる存在になりたいと思っています。
  • 一度は他業種に就職しましたが、どうしても子どもと関わる仕事がしたいという思いから保育士資格を取得しました。保育士資格の勉強をする中で保育の難しさも知りましたが、それ以上に保育士として挑戦してみたいという思いも膨らみ、保育園への就職を志望しました。
  • 子育て経験の中で子どもと関わることの楽しさ、成長を見られることへの喜びを感じ保育士を志しました。保育士としての経験はありませんが、子育て経験の中で感じた思いを大切に、お母さん達にも寄り添える保育士を目指しています。

保育士を目指すきっかけは「子どもが好き」という理由であっても、保育士を目指して勉強をする中で様々なことを学んでそれ以上の魅力を感じているはずです。学んだ中で感じた思いを自分の言葉で伝えてみてくださいね。

就職を希望する保育園の魅力をふんだんに盛り込む

志望動機には保育士を志望した理由だけではなく、なぜ数多くある保育園の中からその保育園への就職を志望したのかという理由も必要です。実際に保育園を見学する中で感じた魅力や特徴を盛り込み具体的な志望動機を伝えることがポイントです。

具体例3

例えば外遊びを重視した保育園では…
       
子ども達の成長には自然の中で遊ぶという経験が不可欠であると考えております。見学の際に広い園庭でのびのびと遊ぶ子ども達の姿を見て、私も貴園で子ども達に自然の中で遊ぶ楽しさを伝えたいと思い志望いたしました。
0,1,2歳児の子ども達を預かる小規模認可保育園では…
       
0,1,2歳児という大人との密な関わりが重要な時期に、貴園のアットホームな雰囲気の中で過ごせることに魅力を感じました。また、保育士の皆さんの温かな雰囲気が印象的でした。私も保育士として子どもとじっくりと関わる保育がしたいと思っております。
音楽の活動に力を入れている保育園では…
       
小さい頃からピアノを習っていましたので音楽の楽しさを実感しております。見学の際に子ども達が活き活きと音楽に触れている姿を見て、私も自分の経験を活かして音楽の楽しさを子ども達に伝えたいと感じ志望いたしました。

ポイントは求人情報やホームページなどの情報だけではなく、実際に見学をして感じたことや保育園の特徴を盛り込む事です。そして、保育園の環境や保育方針が自分の理想とする保育と合っている、この保育園ならば自分の良さを活かすことができるというアピールも取り入れましょう。

面接官は多くの応募者の面接を担当します。そのため、上辺だけの言葉はなんとなくわかってしまうものです。きっかけは「子どもが好き」という理由かもしれません。しかし、どんな思いを持って保育の勉強をしてきたのか、どうして他の保育園ではなくその保育園を志望したのかということを具体的に伝えることで、他の志望者よりも一歩踏み込んだ志望動機を伝えることができます。保育士の魅力、そして志望している保育園の魅力を思いつく限り挙げてみてください。その中で自然と、「子どもが好き」以外の志望動機が見えてくるはずですよ。