保育園見学|社会福祉法人わかば健成会【3園】

保育園見学

社会福祉法人わかば健成会|3園

大和市下鶴間2748-2

社会福祉法人わかば健成会

おひさまほっぺ・おそらのぽっけ・まめわかばのご紹介

社会福祉法人 わかば健成会が運営している、「保育園おひさまのほっぺ」「保育園まめわかば」「保育園おそらのぽっけ」の3園のご紹介です!毎日楽しく遊びながら色んなことを学んでいき、自分の思ったことや考えを表現できる子の育成に取り組んでいます!またかわいい園名には様々な意味がふくまれているみたいです!

定員 各園により異なる※求人参照
対象年齢 各園により異なる※求人参照
職員構成 各園により異なる※求人参照

見学開始!

社会福祉法人わかば健成会

おひさまのほっぺについて

『おひさまのぽっけ』は定員60名の神奈川県大和市下鶴間にある保育園です。

おひさまのほっぺの由来は、子ども達のかわいいほっぺたから来ています。
子ども達のぷくぷくほっぺには、沢山の愛と夢と希望が詰まっています。
そんな不思議なパワーを魅力のあるほっぺたはまるで太陽のよう。
だから保育園の名前におひさまのほっぺと名付けられたそうですよ♪
そして保育園や保育士もその子ども達の未来を明るく照らす太陽のような保育を行なって行きたいと考え、未来に生きる子どもたちがのびのび健やかに成長できるよう保育を行なっているそうです♪

対象年齢:0~5歳児

社会福祉法人わかば健成会

おそらのぽっけについて

『おそらのぽっけ』は定員90名の神奈川県大和市中央林間にある保育園です。

子供たちが安心・安定した集団生活が送れるように、
愛情と誠意をもった保育を目指しています。
子どもと家庭を取りまく社会環境の変化により、家庭・地域における子育への支援をするため、安心して子供を育てる環境と保育サービスの提供に努めているみたいです。
なかよしこよしで毎日笑顔であふれている元気いっぱいの子ども達とともに保育園での生活を楽しんでみませんか?

対象年齢:0~5歳

社会福祉法人わかば健成会

まめわかばについて

『まめわかば』は定員40名の神奈川県大和市下鶴間にある保育園です。

木造1階建ての安全なつくりになっていて玄関横・保育室から園庭にはいる事が出来ます!
また「まめひろば」という月に1~2回程度、園外の子どもたちと関わりがもてる園開放や交流保育をを行っています!子育ての悩みなどをもったお母様たちが相談してきてくれる場所でもあるみたいです!

対象年齢:0~2歳児

保育園見学

社会福祉法人わかば健成会

トコロジストの方と森散策

今回はトコロジストの方と一緒に森散策に行きました!トコロジストとは身近な自然をマイフィールドとして、そこに住む、生物や植物、歴史などを観察しその専門家を目指している人たちの事!ちなみにトコロジストは大和市から広がった活動なんだそうですよ♪そんな頼もしい森案内の方とともに子ども達は虫探しからスタート!おんぶバッタやカマキリ、そしてくぬぎの木の周りでダンゴ虫を見つけました♪しばしダンゴ虫迷路で楽しむ子ども達!その後は、いもむしのお話の絵本を読み聞かせ頂いて、森の素晴らしさを感じる散策になりました♪

社会福祉法人わかば健成会

秋の芋ほり

秋のある日、もうそろそろいい頃かな?と嬉しい便りが届きました!そうですさつま芋の季節です♪子ども達はさつま芋ほりに出掛けることになりました♪おひさまのほっぺでは、実際の土の感触や掘り出す感触を直に伝えたいと考え、軍手などは使わず素手でさつまいもを掘り出します。嬉しいことにしっかりと育ったさつま芋。しかし大きければ大きいほど、掘り出すのが大変なんです…!悪戦苦闘しながら頑張る子ども達!「先生見て見て!大きいのとれたよ!」「こっちはちっちゃい…赤ちゃんお芋だ!」といろんな報告をしてくれます♪コツをつかんだ子は、あっという間に何個も何個も堀だし、まるで職人のような華麗な手つきを見せてくれる子もいました♪さてこのお芋どうやって食べよう!そうだ皆の大好きな、アレをつくろう♪

社会福祉法人わかば健成会

スイートポテト作り

子ども達みんなが力を合わせてたっくさ~ん掘り出してきてくれたさつま芋!いろいろ考えた結果、皆の大好きなあま~いスイートポテトにすることに決まりました!作り方やクッキング指導は調理の先生が全面協力してくれます♪さつま芋をふかして生クリーム砂糖を入れてこねこね!あま~いさつま芋の香りが漂ってきます♪「おいしそう~!」「もう食べちゃおうよ!」なーんてコラコラ!(笑)
練りあがったスイートポテト、今度は子ども達の手で、一つ一つ丁寧に成形していきます。「粘土みたいだね!」と言いながら上手にできていましたよ♪出来上がったスイートポテトはおやつの時間にぱくっ♪とっても甘くておいしい、皆の頑張りが伝わるスイートポテトでした。

保育園見学

社会福祉法人わかば健成会

冬のお餅つき

1月のある日、恒例の餅つきを行ないました!子ども達の成長別にあわせて、特別にちっちゃな子ども用の臼と杵も用意しましたよ♪大きいクラスの子どもたちは威勢よくお持ちをついていました!おお!なかなかの腰の入りよう♪周りで見ている子達も「よいしょー!よいしょー!」としっかり掛け声をくれるおかげでとてもリズムよくお餅をつくことができました!小さいクラスの子も赤ちゃん用のちっちゃな杵でぺったんぺったん。なんて可愛らしい姿(笑)付きたてのお餅は職業体験に来ていた中学生のお兄ちゃんお姉ちゃん、そして手伝いに来て下さったトコロジストのかたが4種類の味に味付けしてくれました♪甘いのしょっぱいの、どの味が一番おいしいかな?なんてつきたてのお餅はどんな食べ方をしても最高においしく頂けるのでした♪トコロジストの方、中学生のお兄ちゃんお姉ちゃん、そして園内の仲間たちみんなで食べるお餅は格別だね♪

保育士サポートからひとこと

社会福祉法人わかば健成会

園に協力してくれる地元の方が沢山います♪みんなまとめて温かい、おひさまのほっぺ!

トコロジストの方や中学生との交流もあり、子ども達の周りにはいつも大人の笑顔があるのもいいですね♪おひさまのほっぺはその名の通り、おひさまのようなキラキラな笑顔のほっぺが沢山あふれる保育園だと感じました!あなたもおひさまのようなにこにこほっぺで保育を行なってみませんか?